コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の口コミ評判 レシピや使い方もレビュー!

家電

コイズミのマイコン電気圧力鍋、KSC-3502の口コミや評判についてお伝えします。

圧力鍋は、調理時間が短縮できるのは言わずもがな。

圧力鍋が電気式ともなれば、火加減や時間を自動制御できる有難い機能が付いたものも。

2021年末にコイズミから発売されたKSC-3502は、先述した便利機能満載のマイコン式電気圧力鍋です。

この記事では更に、KSC-3502の口コミ評判や、気になる使い方、KSC-3502で作れるレシピについてお伝えします。

コイズミのマイコン電気圧力鍋の購入を検討中の方、今回初めて電気圧力鍋を考えている方の参考になれば幸いです。

\前機種KSC-3501はこちら/

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の口コミ

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の口コミについてご紹介します。

本来ならばKSC-3502の口コミをお伝えしたいのですが、現時点では口コミが非常に少ないため、今回はKSC-3502の前モデルであるKSC-3501の口コミを参考にしていきたいと思います。

後継機というものは、前機種を改善したポイントもあれば、踏襲しているポイントもあるのです。

そこで、KSC-3502の前機種であるKSC-3501の口コミを見ていくことでKSC-3502に対する期待値を上げていこうではありませんか!

KSC-3502とKSC-3501の違いを比較

まず口コミのご紹介に先立ち、KSC-3502とKSC-3501の機能の違いについて比較して確認しておきましょう。

大きな違いは主に以下の4つです。

・デザイン(とそれに伴う操作方法の違い)
・自動メニュー(ワンタッチメニュー)の種類
・本体サイズ
・消費電力

では、順に軽くご説明しましょう。

まずはデザインについて触れてみますね。

KSC-3501は蓋にハンドルが付いていたのですが、KSC-3502ではこの形状が取っ手型になっています。

また、操作部についてもKSC-3501は全てボタン方式でしたが、KSC-3502では一部の操作にダイヤル方式を採用。

ボタンの数が減り、すっきりスタイリッシュになっています!

続いて、自動メニューについてです。

KSC-3501は「炊飯」「玄米」「角煮」「肉じゃが」「煮豆」。

KSC-3502は「炊飯」「玄米」「角煮」「肉じゃが」「おでん」「カレー」。

小さな違いですが、確かに煮豆よりはおでん・カレーの方が普段使いとしては頻度が高そうですよね。

尚、両方とも手動調理機能は搭載していますよ!

サイズについては、KSC-3502の方がKSC-3501よりも僅かに横幅と奥行きが小さく、高さがあります。

比べてみると、多少KSC-3502の方が痩せて背が伸びた、という印象です。

また消費電力がKSC-3501は600W、KSC-3502は700Wとなっています。

KSC-3501の口コミ

両者の違いといえばこの辺りなので、今回はこれら以外の口コミを見ていきたいと思います。

共通機能の口コミであれば、参考にできると思いませんか?

ということで前機種KSC-3501について、良い口コミからどうぞ!

・煮込み料理も15分程度で6時間以上煮込んだような仕上がり

・調理時間が短いので電気代がお得

・ガスじゃないから目を離しても安心

・良い事ずくめでライフスタイルが変わる

・時間がかかる料理が、 セットさえすれば、後は待つだけ。

・どんな料理でも、吹きこぼれ等が無いためキッチンを離れてよい。

やはり大きな利点の一つが「目を離しても安心」「調理中に別の事ができる」という点の様ですね。

時間は有限です。

調理という日々欠かせない家事を、安全・簡単にマルチタスク化できるのはとても有難いものです。

・玄米を炊くのに普通の圧力鍋だと焦げていたが、こちらだと焦げずにふっくら。

意外に多く聞かれたのが、炊飯機能についてです。

この商品で炊飯すると「モチモチで美味しい!」という口コミが散見されましたよ。

圧力炊飯機能の無い炊飯器をお持ちの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

さて、続いてちょっぴり残念な口コミも見ておきましょう。

・節約節電はできるが、蒸気を抜くのが時間かかる。

時短調理ができるという意見の反面、圧力が抜けるまで待つとかなりの時間を要するという意見も。

レシピに載っている調理時間は、この減圧時間は含まないようです。

圧力鍋を使っている身で個人的な意見としては、この減圧時間を含んでも、通常の鍋で作るよりは時短になると思います。

慣れるまではこういった点に注意しつつ、時間に余裕を持って調理した方が良いかもしれませんね。

・蓋についてるゴムに料理の匂いが移る。

こちらの口コミでは「料理の匂いが移った」そうですが、製品自体の匂いが気になったという口コミもありました。

匂いの感じ方には個人差がありますが、KSC-3502ではこの辺りが改善されていると良いですね。

\前機種KSC-3501はこちら/

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の使い方

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の使い方についてお伝えします。

安全に楽に調理ができる点で期待高まるKSC-3502ですが、実際の使い方はどうなのでしょう?

どんなに高性能であっても、操作が複雑では、使いたくなくなってしまうものです。

ここでは、代表的な使い方であろう「自動メニュー」と「スロークック/煮込み料理」をご紹介しましょう。

「レシピなどを参照し、具材を内鍋に投入・蓋をしっかり閉めてある状態」になっていると仮定して、その後の操作方法がこちらです♪

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の使い方【自動メニュー】

1. 「自動メニュー」ボタンを押す。
2. ダイヤルを回してメニューを選ぶ。
3. 「START/決定」ボタンを押す。
内部の圧力が一定に上がると、調理に必要な残り時間が表示されます。
加圧が終わると終了音が鳴り、自動的に「保温」に切り替わりますよ。
4. 圧力ピンが下がるまで待ってから、おもりを「排気」の位置に移動。
5. おもりを取り外し、蓋を開ける。

以上!

さすが「自動」というだけあって楽なことこのうえないですね。

尚、1.の手順で「手動」ボタンを押せば、手動モードで調理できますよ。

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の使い方【スロークック/煮込み料理】

1. 料理に合わせて、煮込み設定(モード)を選ぶ。
スロークックモードは、75℃~85℃程度の低温で、じっくりと調理するモードです。
対して煮込みモードは、85℃~95℃程度の高温で、短時間調理するモードです。
2. ダイヤルを回して、加熱レベルを選ぶ。
レベルは「弱」「中」「強」から選べますよ。
3. 「START/決定」ボタンを押す。
4. ダイヤルを回して、加熱時間を設定する。
加熱時間は30分単位です。
30分~19時間30分まで選べます。
5. 「START/決定」ボタンを押す。
こちらも、煮込みが終わると自動的に「保温」に切り替わります。
6. おもりを取り外し、蓋を開ける。

こちらも、温度と時間を決めたら、あとはお任せです。

自分は別の調理に取り掛かっても、一休みしても良いのです。

楽です……。

これはすこぶる楽ですよ……!

\前機種KSC-3501はこちら/

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502のレシピ

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502のレシピについてお伝えします。

具体的にKSC-3502ではどんな料理が作れるのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、次はKSC-3502で自動メニューに入っている料理のうち、「角煮」と「肉じゃが」のレシピを紹介しましょう。

以下の材料を用意して鍋に投入し、自動メニューを選択すれば、美味しい料理が貴方のものです!

【角煮】
材料(約4人分)
1. 豚バラ肉(かたまり) 600g
2. 玉ねぎ(くし切り) 1個
3. 土しょうが(薄切り) 20g
4. だし汁 300mL
5. 酒 80ml
6. 砂糖 50g
7. みりん 大さじ1と1/2
8. 薄口しょうゆ 80mL
手順
1. 豚バラ肉を14等分(1個50g)の角切りにする。
2. 圧力鍋に豚バラ肉と2~8を全て入れ、「角煮」メニューで調理する。
3. 調理が完了し、圧力ピンが下がったら、排気する。
4. おもりを取り外し、蓋を開ける。
【肉じゃが】
材料(約4人分)
1. 牛薄切り肉(3~4cmに切る) 200g
2. じゃがいも(大きめに切る) 3個
3. 玉ねぎ(くし切り) 1個
4. 人参(乱切り) 1本
5. だし汁 100ml
6. 薄口醤油・酒 各大さじ3
7. 砂糖 大さじ2
8. みりん 大さじ1
手順
1. 圧力鍋に材料を入れ、「肉じゃが」メニューで調理する。
2. 調理が完了し、圧力ピンが下がったら、排気する。
3. おもりを取り外し、蓋を開ける。

どちらの料理もKSC-3502の自動メニューに既に登録されているものです。

そのため、基本的には材料を準備・投入・スイッチON、でできてしまいます。

角煮や肉じゃがが、目を離していても・他のことをやりながらでもできてしまうのは、嬉しいですね。

自炊の心強い味方です!

\前機種KSC-3501はこちら/

コイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502の口コミ評判 レシピや使い方もレビュー!まとめ

今回はコイズミのマイコン電気圧力鍋KSC-3502について、調べてみました!

口コミは前機種にあたるKSC-3501を参照しましたが、電気圧力鍋の有能さや便利な点が幾つも見つかったと思います。

コイズミの最新マイコン電気圧力鍋ともなれば、これは期待しない訳にはいきません。

残念だった口コミも、KSC-3502では改善されていると良いですね。

また、使い方やレシピについても覗いてみました。

結果として、どれだけ簡単に美味しい料理が作れてしまうのか、がお分かり頂けたかと思います。

健康の為にも自炊をしたい、でも忙しい。

そんな悩みを抱える現代人の強い味方となるのが圧力鍋です。

更に、今回ご紹介したKSC-3502は電気圧力鍋。

火を使わず調理できるので目を離しても安全ですし、一品調理中に別の作業ができるのが最大のメリットですね。

一人暮らし・同棲中・共働き・子育て中……どんなシーンでもお役立ち間違いなしの電気圧力鍋KSC-3502は、是非とも一家に一台欲しい逸品といえそうですよ!
 

タイトルとURLをコピーしました